セルフファーストキャスト

アクセスカウンタ

zoom RSS JB旭川 第1戦!(その2)

<<   作成日時 : 2010/04/28 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

事件発生から一夜明けた試合当日の朝、チームのみんなからは「試合に出られない宇野さんの分まで頑張ろう!」・・・という気持ちが、とてもよく伝わってきました。




そして、試合開始!





今回の戦略は・・・











カバー撃ち!!



この時期の満水の旭川ダムでは、超定番となる釣りですが・・・


今回、いつもと違っていたのは・・・





ライトリグ一切無しのベイトロッド3本のみ!

画像


自分のトーナメント史上、最少本数でスピニングを積んでいないのは、おそらく初です!


それほど、今回は自信と確信があったのですが・・・

まさか、あんな事になろうとは、この時思ってもみませんでした・・・





スタートから数時間後の10時過ぎ、最初の1本をキャッチ!

これで勢いに乗って・・・と思っていたのですが・・・



シェードがビシッとできて、「さあ、これから!」・・・という11時過ぎ、移動中まさかのエンジントラブル・・・。

頭が真っ白に・・・。

その後、時間を空けて何度かエンジンをかけてみるものの、試合中二度とエンジンがかかる事はありませんでした。

「今まで何ともなかったのに・・・なんで、よりによって今日なんだ??」

・・・と自分のツイてなさに、絶望的に・・・。

まあ、そのトラブルに対処できるだけの知識と道具が無かった自分が悪い・・・ただそれだけです。

その辺から、プロ意識を持っていないとダメだなと痛感しましたね・・・。



そして、エレキでゆっくりと上流方向に向かうものの、場所は中流域・・・。

時間的にも、バッテリーの残量からしても、引っ張ってもらう以外、明らかに帰着は無理な状況でした。

ただ、プロ戦という事で、試合に対する意気込みは、みんな半端じゃ無い事もよく分かっているので、とてもじゃないけど頼めません。


「他の人に迷惑を掛けるぐらいなら、帰着遅れで失格になろう・・・。」


そう思い、大会本部に「帰着時間には間に合いません。多分、遅れると思います・・・。」

・・・と連絡。


「試合に出られなかった、宇野さんの分まで頑張ろう!」・・・とみんな思っているはずなのに、自分はこんな形で終わってしまうのかと、情けなくてどうしようもなくなっていた時・・・



1艇のバスボートが近寄ってきてくれて・・・

「どうしたん?エンジンかからんのん?」

・・・と声を掛けてくれたのがMプロでした。

「引っ張ってあげるよ!」

と言ってくれたのですが申し訳なさ過ぎて、最初は断ったのですが・・・

「魚持ってるんやろ?引っ張るよ!」

迷いましたが・・・





お願いすることに・・・。






大事な大事なプロ戦。

それに対する意気込みはみんな同じ

しかも、今年1年を占う上で、絶対に外せない初戦・・・。

Mプロの貴重な試合時間を、自分のせいで潰してしまった事に対する、申し訳なさで胸がいっぱいになりました。

ご迷惑をお掛けして、本当にすみませんでした。




失格を覚悟していた自分が無事ウェイインできたのは、自分の異変に気付いてくれた方とMプロのおかげです。

この場を借りて、改めて感謝したいと思います。

本当に本当にありがとうございました!




そして、試合の結果は・・・


続く→






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JB旭川 第1戦!(その2) セルフファーストキャスト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる