またまた柳井原釣行!(やっぱりスゴイ!ブタモグラの巻)

先週のガンスリ&ブタモグラの釣りが楽しすぎて・・・今日も行ってきました!柳井原へ・・・。



ワケありで3時前からのスタート。

実釣時間は日没までの2時間半程ということで、やる事を決めてシャロー1本勝負

先週の激サブ、ババ荒れに比べて、今週は温い日が続いていて今日は風も適度なので、よりシャローが活きてくる条件かなと思い、ガンスリ&ブタモグラの黄金コンビのみでやりきってきました。




まずは、スロープ右手のウィ―ドエリアの気になるストレッチだけを流して、反応無し・・・。

次はどこに行こうかと、フィールド全体を見回してみて、この風向き、太陽の当たり方、今釣れそうな雰囲気があるのは・・・


「あそこだ~!!」


という事で、スロープ対岸に移動。




ここは、先週釣れた場所と同じ条件を満たすエリア

風の巻き込む、岬の裏の急深なバンクのストレッチ。

ここにレイダウンやら障害物が多く沈んでいて、良いフィーディングエリアになるみたいです。





ここからここまで!と決めて流して行きました。



そして、スタートから45分後・・・

急深なバンクに絡むレイダウンにジグを入れて、フォール後少し聞いてみると・・・




「!!」




生命感があったので、ガンスリでがっつりフッキング

レイダウンから引きずり出したのは・・・

画像


ナイスコンディション48cm!!

思ったより、シャロー側で喰いました。

画像


やっぱりブタモグラは最高ですね!

画像


柳井原らしい口のデカいバス!!

がっつり上アゴにフッキングしてました。




幸先良く釣れたのでちょっと期待しましたが、その後はバイトらしいのが2回ほどあっただけで、2本目は出ず終了(+_+)

でも、感動の1本が釣れたので良い釣行になりました。








この時期、1本のバスに辿り着くのが果てしなく遠く、ゼロで終わる事も多々ある厳しい時期です。

・・・というかゼロで終わる事の方が多いかも知れません(笑)

しかし、釣れない時間が長いだけに、1本のバスに辿り着いた時の感動というのは、何倍にもなって帰ってきますね!






これだから、寒くてもウィンターバッシングはやめられません!!






※柳井原貯水池はエンジン禁止のフィールドです!




今回のタックル。

画像


ロッド:テムジン・ガンスリンジャー
リール:メタニウムMg7 レフトハンドル
ライン:スーパーFCスナイパー14ポンド
ルアー:イマカツ・モグラジグ1/2オンス(ブラック)
トレーラー:アンクルジョッシュ・ビッグダディ(ブラウン)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック